もし自分が亡くなったら…家族が慌てないための最後の決め方

Pocket

af0010000069自分の不幸というのはいつどこで起こるのかも分かりません。
そのため、もしもの時。万が一の時に亡くなった時に。家族が動揺しないように
自分で死後のプランを立てておく必要があります。
コレさえ決めておけば、家族も自分も安心できる!というような
生きているうちにやっておきたいコツをご紹介します。

【病院で死亡した時の遺体搬送をどこにするかを決めておく】

死亡率の80%以上は病院が多いです。病院が紹介してくれる葬儀社もありますが、
依頼しておきたい葬儀社があるならそこにあらかじめ依頼しておきましょう。

【葬儀に参列していただく親族や友人など交友関係を把握しておく】

葬儀に参列してもらうのは、誰でもいいなら把握はしておかなくても大丈夫です。
ですが、誰に来て欲しいのか。学校や会社などに知らせる場合は
きちんと把握しておきましょう。料理や粗品供養品などに影響してきます。

【故人の信仰宗教や宗派を知っておく】

葬儀は故人が信仰していた宗教でとり行うのか、それとも自由葬なのかで
違ってきます。自分でもどの葬儀にするのかを希望しておきましょう。

【遺影の写真を準備しておく】

葬儀にかかせないのが遺影写真です。葬儀の形式にかかわらずに、必要になってきます。
毎年1回は撮っておきたいですね。

ガーデニング墓所や芝生墓所などバリエーション豊かな墓所が選べます。